2018.08.09

たんばらラベンダーパーク富岡製糸場

8月2日、平日を選んでラベンダーパークへ。

26℃の高原は爽やかで心地よかった。雪のある時に来たいな。
ゲレンデがラベンダー畑。

Tanbara1
駐車場の脇の建物で、「花のキルト展」小関先生始さはじめ、諸先輩の作品と共に、私の作品も展示していただいてました。

「いつでも、どこでも」
Img_0522_s


涼しさと花のかおりを満喫した後は、関越道を戻って上信越道の「富岡」まで足をのばして、富岡製糸場を見学しました。

かねてより、行きたいと思いながら、なかなか行かれなかった場所。
Tomi1

正面。製糸場には駐車場がないので、近隣の駐車場を利用。

修復、保存作業中でしたが、外の建物や中の様子を見学できて、暑い中行ってよかった。Tomi2
工場全体を見渡せる、蚕置場所の修復現場にて


Tomi3
糸取作業所

Tomi4
工場閉鎖まで使われていた糸取り機

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.30

たんばら花のキルト展

ラベンダー香る高原に花のキルトが咲き誇る。

Sticker_20180624130252_1
たんばらラベンダーパークで花のキルト展が開催されています。
6月30日から8月26日まで。
小関鈴子グループの一員で、花のキルトを出品させていただています。

載せていいのかどうかわからないので、部分写真で。
Fl_b
「いつでも、どこでも」

2016年、第5回アトリエクロシェット展
2017年、アトリエクロシェット京都展に出展したものです。
会期が長いし、日帰り可能な場所なので、ドライブがてらいずれ出かける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.24

作った袋物

梅雨の晴れ間! 引続きプールへも行かれない日々。もう2週間も休み。
感覚としては、1か月くらいに感じちゃう。家に居るばかりとはえ、縫い物もする気になれず、ダラダラ。 でも、本体は縫い上げてあって、持ち手を付けていなかった小さめバッグを仕上げた。どちらも小さめ。
_20180622_143346_3
横24cm縦15cm

_20180622_143311_2
黒い方は縦長で横21cm縦24cm

本来なら、二泊三日でプールの仲間4人で新潟へ行く予定だった。
私だけは、こんな状態なので、キャンセルさせてもらった。またの機会もあるでしょうし。 まだ、歩くと痛いけれど、ずっと良くなってきた。来週木曜日にMRI。これで、昨年の状態と比較して今後のことを考える。 水泳も少し加減しないといけないかも、と考えるちょっと落ち込むなー。 まぁ、しょうがないか。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.21

花と・・・・

六月の最初の土曜日、家族で近所の動物園へ。
紫陽花がきれいに咲いていた。
1529486292417.jpg

トリミングしたので、ピンぼけだけれど、わが家のネジ花。
1529488346097.jpg

ご心配おかけしてますが、薄皮を剥ぐようによくなってきてます。 休まずにゆっくり歩けるようになってきました。

本来は今週末、新潟へプールの友人3人と二泊三日で旅行する予定だったけれど、
私はキャンセルした。この状態ではね・・・・

そして、水曜日は、プールの有料講座の日だった。
100m個人メドレーを練習してるはずなのに…。 大好きな種目だし、来年には、これで大会に出ましょうとコーチと話していただけに、欠席したのはなんとも、残念。

良くなってもすぐにはバンバン泳ぐ訳には行かないだろうし、大幅に遅れを取った気がしてならない。

が、これまで、進むのが早すぎたのかなー?ここで、少し、足踏みして、狭窄症と水泳のつきあい方を考えるべきなのかなー?と、雨の窓の外をみています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.20

カップとぐい飲み

先月の陶芸の活動日に作陶。 半磁器土。

_20180619_172643
カップ、乾燥中で、直径10cm,高さ8 cm
手びねりのヒモ作りで作っていったら、ちょっと重め(350g)だったので、中も外を削り軽く(300g)した。



1529486062092.jpg
ぐい飲み、直径7,5cm、高さ5,5cm (トリミングしたら、同じ大きさのように見えてしまうので、サイズをいれてみました。)

この後、素焼き、釉薬がけと進む。

実は、この他に二ツあったのだが、高台を削り出した後、片付けようとした時にバランスを崩して、割ってしまった。涙
そして、今月の陶芸は、お休みした。
脊柱管狭窄症の症状、間欠跛行が出たので。
簡単に言うと、10mくらい歩いたら立ち止まる感じで、普通に歩けない。

先週の水曜日から、プールもお休み中。たぶん、今週末までに、痛みが引いて来週からプールへ行かれれば良いほうだろうなー。

今は、症状は少しずつ改善。
ご心配はいらないですよ。座って居る時は痛くないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.06

取り急ぎで作る

キッズ用、上履き袋。
1525563660700.jpg

キルトの残り布を見つけて作ってみた。
たぶん、息子達用に何か作った残り。ジナンのにこの柄の記憶があるそうだ。
だが、何を作ったのか、お互い全く覚えていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.02

夏の寄せ植

連休の前半、家族に買い出しを手伝ってもらい、寄せ植。
1525223411564.jpg

1525223412079.jpg

ガーデニング作業は、勢いのなくなった芝の補修。それって、ただ、芝生な上に軽く土を撒き、買ってきた新しい芝を乗せるだけ。
玉竜も買ってきたので、駐車場のコンクリートの境目の細いところにうえつける。それは、後日にした。
大好きなヤマボウシにお花が付いた。今年は多目だ。

1525223412464.jpg

今日は、午後から水泳のプライベートレッスン。連休の谷間の一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.29

合間作業の縫い物中

この何日か、合間合間に縫い物作業して完成。

中にファスナーのポーチ。
1524999977883.jpg
ジーンズのリメイクにストリップピーシングを加えて。

以前から縫ってみたかった、たくさんカードの入る蛇腹カードケース。
1524999978291.jpg

開けると
1524999978554.jpg
カード17枚収納可能。

縫ってみると案外簡単。仕組みがわかったー。
お試しなので、手元にあった水色。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.04.09

アクセサリー

ドログリーで、パーツを買って、アクセサリーを作る。
店頭見本を参考に自分でアレンジ。

ペンダントトップ
1523264875331.jpg


1523264875676.jpg


1523264875936.jpg
ポピーは、両方の裏にブローチピンを貼ってあるので、ペンダントドップとブローチのツーウェイで使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.30

ラベル作り

1522284876545.jpg
スキャンカットを使ってみた。
ブラザーのサイトからデータをダウンロードして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.03.29

巾着袋とカップ

底を三角形に裁断し、四枚はぎの巾着袋。
1522279023355.jpg

先月の焼き上がりビアカップ(お好みでお湯のみ茶碗)のプレゼント用に。
1522277415711.jpg
この形の巾着ははじめて縫いましたが、なかなか、かわいい形になるなーと気に入りました。
1522277416058.jpg
中にカップをいれると、お茶道具の雰囲気と悦に入る。自画自賛ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.28

夏みかんのジャム作り

夏みかんのほろ苦い味が大好き。
昨年の柚子ジャム作りから、すっかり柑橘類のジャムのとりこ。
お友だちに夏みかんをたくさん送ってもらってジャム作り。

1522192270413.jpg
美穂ちゃんから送ってもらった夏みかん。たくさんいただいた。ありがたい。

1522192890340.jpg
皮と果肉、種を取り出す。この作業でジャム作りの7割りはおわってるんじゃないか?と言うくらい大変な作業。

1522192890804.jpg
白い綿は残しても大丈夫。筋っぽい部分を削ぎとる。

1522192891086.jpg
三回煮立てて湯でこぼし、灰汁抜き。この後、水にさらして一晩寝かせる。

1522192891379.jpg
皮と果肉は別に炊く。とろみをつけるため、種をお茶パックに入れて一緒に。晒しの布の方がとろみが出るような気がするが、お茶パックの方が手軽なので。

1522193385983.jpg
皮が八割炊き上がったころ果肉と合わせて仕上げる。

1522193386579.jpg
取ってあったジャム瓶に詰める。煮沸消毒は念入りに。

1522193386864.jpg
お味見プレゼント用にデコる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.25

季節外れのクリスマスツリー

1522006555084.jpg
旅行前の土曜日は、陶芸の活動日。
先月窯いれしたものが、焼き上がり。
季節外れのクリスマスツリー。

1522007243143.jpg
ろうそくを中に入れます。
が…
暗い。これだけではつかいものにならなかった。もっと穴を開ける必要があったようだ。
でも、もう作らないよー。

釉薬は織部。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«水泳を始めたきっかけ