« 絵付けのお皿 | トップページ | 不祝儀のセット »

2005.05.07

和&洋の急須?

526

お急須の脇をこすったら、注ぎ口から煙が出て来るなんてことは、ないと思うけれど・・・
和のイメージー然としていないものが欲しくって、作ってみました。もう少し丸いイメージの急須も作りました。
先週、本体、ふた、注ぎ口、持ち手のパーツをろくろでひき、昨日、底、ふたを削り、各パーツを切り、微調整して組み立てました。急須は、組み立てや茶漉し部分の穴あけなど、手がかります。そのせいか、ちょっといびつでも自分で作ったものは愛おしい。(笑)ただ今、乾燥中。信楽の赤土なので、釉薬で模様を描こうかと考えています。

今回のチャレンジポイントは、茶漉し部分。
27

穴あけも難しく、あまりきれいな出来ではないので、次回の課題です。もう少し乾燥させてから穴あけすべきだったと学習。

前回作った時の茶漉し部分。
29
本体に穴を開けただけ。これでは、穴あき部分の面積が少なく、お茶の出が悪い。それゆえ、使わず放置されています。

今回の茶漉し部分の作り方を参考にした本。

陶芸入門コツのコツ

他にも、ひも作り、たまつくり、電動ろくろでの作陶をはじめ、釉薬や絵付けのコツをわかりやすく解説してあります。今現在は先生に付いていないので、この本を参考にしています。

|

« 絵付けのお皿 | トップページ | 不祝儀のセット »

3.陶芸」カテゴリの記事

コメント

スゴーイ

投稿: 陽子 | 2005.05.07 10:03

すごいね・・・
こんなものも作っちゃうんだぁ。
yasuyoちゃんってば、て・ん・さ・い\(◎o◎)/

投稿: ふぁい☆ママ | 2005.05.07 16:45

陽子さま~
そ、そんな~。手順を踏めば、出来ちゃうんですよ。

ふぁい☆ママさま~
そんなことないよ~。
よーくみると、微妙にゆがんでるって言うか、ちょっとでこぼこしてるの。
そこが素人の手作りのいいところかな?

投稿: うさぬのや | 2005.05.07 17:11

うわっ、すっご~~い!!
急須を作っちゃうなんて~
陶芸家だぁ・・・・すばらしいぞ
それぞれのパーツを作ってから組み立てるのかぁ・・・技がいりますわね、尊敬♪

投稿: k | 2005.05.08 20:36

伽羅さま~
>陶芸家だぁ・・・・すばらしいぞ
うぅ、なりたかったぞぉ~。
あと16歳若ければ修行の旅に出たと思うよ。(爆)

>技がいりますわね、尊敬♪
それが、そうでもないんだよ。手順を踏めばばっちりさ~。

投稿: うさぬのや | 2005.05.09 08:46

素敵ですね。
急須って難しいのでしょうね。
私はまだ未経験です。
パーツを組み合わせていくって
パズルみたいで大変そうですよね。

ところでお聞きして良いですか?
赤土ですが、うさぬのやさんは粘土の状態で
黄色っぽい土をお使いですか?
それを焼くと濃い赤になるような。
その名前ってなんというのでしょうか?
ご存じでしたら教えて下さい。

投稿: 陶片木 | 2005.05.10 10:36

陶片木さま~
>パーツを組み合わせていくって
>パズルみたいで大変そうですよね。
そうですね~、注ぎ口や持ち手は、カットする場所で雰囲気が変わるので、切る場所なんかで悩むかもしれませんが、それが決まれば、後はくっつけるだけなので、それほど難しくはないかもしれないです。

>赤土ですが、うさぬのやさんは粘土の状態で
>黄色っぽい土をお使いですか?
>それを焼くと濃い赤になるような。
それとは違いますねぇ。
ちっとも黄色っぽくはないんですよ。
濃い赤ではなく、茶色という感じです。
 
>その名前ってなんというのでしょうか?
>ご存じでしたら教えて下さい。
ごめんなさい~。私はわからないです~。
土も色々チャレンジしたいですよね。

投稿: うさぬのや | 2005.05.11 07:57

はじめまして。ふっと、こちらを見つけました。

『陶芸入門コツのコツ』を書いた、望月と申します。
本を参考に制作して頂けたとの事。
なんか、とても嬉しいです。
有難うございます。
自分の思い込みで書き上げた物なので、
分かりづらい説明文などあるかと思います。
本に書いてあることなので、不明な所ありましたら、
お気軽にご質問ください。

ホームページや、ブログなども、ありますので、
是非、のぞきに着てください。

ところで、急須の出来上がりが見たいです。
(どこかにアップしてあるのかな?)


投稿: SHU Moc. | 2005.08.31 23:41

SHU Mocさま。
なんと、著者の方にコメントいただけて、恐れ入ります。本当にびっくりしています。
ありがとうございます。
プロの陶芸家の方にこのブログを見ていただき、お恥ずかしい限りです。

本は、愛読、愛用させていただいています。本当に中味が濃いので色々参考になっています。腕が付いていかないので、申し訳ないですぅ。

サイトもゆっくり拝見させていただきます。
本当にありがとうございます。

急須は、ひとつは、本焼きが上がってるはずなのですが、窯が遠いので、まだ取りに行っていないのです。近々、取りに行きたいと思っているところです。出来たら見ていただけたらうれしいです。

もうひとつは、サークル活動の窯で焼いてもらっているので、夏期休暇で9月釉薬かけの予定なんです。

本当に、ブログの威力に驚いています。

気さくに書き込んでいただいて本当にありがとうございました。感激です。

投稿: うさぬのや | 2005.09.01 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23874/4019588

この記事へのトラックバック一覧です: 和&洋の急須?:

« 絵付けのお皿 | トップページ | 不祝儀のセット »