« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.13

思いついたこと

今日、夕方のTVで沖縄の紅型染めをスニーカーやTシャツに施して、ステキに活用しているのを観た。

それでひらめいちゃったぞぉ~。

紅型染めは、デザインをくりぬいた型を使って染めるらしい。言うなればステンシルのように・・・・
琉球紅型染めらしいデザインの型をTシャツに載せて、染料を吹き付けて染めていた。

何がひらめいたかと言うと・・・以前、骨董市で型染め用の型紙を買っていたのだ。
紙といっても蝋引きのしっかりしたもので、実際、型染めに使っていたものらしい。本来は、反物を染めるものだから、ある程度の長さはあるのだが、買いやすいように3~40㎝位の長さに切って売っていた。なんとなく2種類買ってあった。多分、1枚500円くらいだったかな?

それを使って、陶芸の時、絵付けしたらどうだろう!と思いついたのだ。
素焼きのお皿の上に、型を置いて、霧吹きで釉薬か呉須を吹き付ける・・・・っと。
我ながら、良い思い付き!と思っているのだが・・・・陶芸用の霧吹きがあるのは、「陶芸センターの貸室」。
しばらく行けないのが惜しい!あぁ、残念だ~。10月は是非とも予約して陶芸に行くぞぉ~。

型染めの模様は、近いうちお披露目します。
それに、新たに焼けたお茶碗の写真も撮れたらUPしたいし・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »