« バック(講習会作品) | トップページ | お花を替えて »

2009.07.31

陶芸も

昨日は、早朝より中学校の陶芸サークルの窯出しに出かけた。

もう何カ月も前に作っていた作品・・・
かけ花入れ(竹を模して)
Img_0136
信楽並土・・・・織部(釉薬) 高さ19cm
使ってみると
Img_0118
ヨウシュゴボウを挿して

魚籠の形の花瓶
Img_0137

古信楽の赤土 黄瀬戸(釉薬) 高さ14cm

湯呑
Img_0138
信楽並土 黄瀬戸(釉薬) 高さ6cm

|

« バック(講習会作品) | トップページ | お花を替えて »

3.陶芸」カテゴリの記事

コメント

皮工芸に続き陶芸・・いいですね
こちらじゃ講習会すらないのでセンスのいい作品を見てうらやましく思います。

投稿: らぼ | 2009.07.31 08:51

模するの?

投稿: BlogPetのぴょんたん | 2009.07.31 14:48

らぼさま~
陶芸も、ボチボチ細々やっています。
やめないのは、やはり、土いじりも捨てがたいからかもしれません。
陶芸も地域開放プログラムの恩恵です。happy01

投稿: うさぬのや | 2009.07.31 21:29

素敵な作品ですね。
魚籠の形の花瓶・・凝っていますね~
かけ花入れ・・竹を模しているところもいいですが・・
お花を入れた時の風情がなんともいえなくいいです~
信楽並土の湯のみ・・・釉薬でいろんな味が出すことが
出来るのですものね。

そう・・町のぎゃりーでおばあちゃん達(80~70才)から
先日お皿を買いました。
どんな釉薬がかかっているのか??聞いてこなくては。
私よりも腕に力があるんです~おそるべし。笑

投稿: miwako | 2009.07.31 23:05

miwakoさま~
おほめいただいてありがとうございます~。
純和風の感じですよね。

陶芸は釉薬で最後すべての雰囲気が決まるみたいなところもあります。やり直しは利かないし、焼き上がってからすべてわかるという、多少のギャンブル性もあり、いつも出来上がりが楽しみです。

陶芸では、土練りに力が要りますし、大物の作陶も力が結構要りますね。それで、腕に力があるのかもしれませんねぇ。

投稿: うさぬのや | 2009.08.01 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23874/45784252

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸も:

« バック(講習会作品) | トップページ | お花を替えて »