« モッコウバラの花期 | トップページ | 母の日も近く・・・ »

2011.05.04

椿山荘の四季

昨日は、通称(勝手に)「和のキルト展」を見に椿山荘へ行ってきました。

会場5Fの窓から見えたお庭
Nec_0707_s
山縣有朋公が明治11年(1878年)に、平安期より「つばきやま」と呼ばれるほど椿の名所だったこの地を私財を投じて購入し「椿山荘」と命名したのがはじまりのようです。
本当に見事なお庭。結婚式の名門だそうです。

キルトを拝見し、根木先生のブースでお友達とワイワイしながら1日楽しみました。
お友達のキルトは作っている時から、いろいろお話を聞いていたので、がんばったねと思いながら、拝見。
奇麗であり、可憐であり、和布の作品も素敵だなぁ~と思った1日でした。

小関先生や先生グループの方々の作品もとっても素敵でさすがだなぁと感嘆。
こんな作品を作るにはまずは布集めから、違うのだわと・・・・・

買い物はちょっと控えめに
Img_2553_2

上に載っている黄色のアンティーク布は、帰り道(雑司ヶ谷駅まで歩く)で見つけたUSAショップで買ったもの。
宝石は、何カラットあるんでしょう・・・・指にはめるは大きいびっくりサイズだよ。

お茶に寄ったお店で金柑のタルトを頂いた・・・おいしかったな。

|

« モッコウバラの花期 | トップページ | 母の日も近く・・・ »

1.パッチワークキルト」カテゴリの記事

コメント

そう、布集めはね・・・
いきあたりばったり(爆)
けっこう出会いが重要だったりね(笑)

投稿: Kotaro | 2011.05.04 23:06

Kotaroさま~
そうですか~?行き当たりばったりでも、チョイスするが肝心だったりするから・・・・。
良い出会い、私もほしいなぁ~。

投稿: うさぬのや | 2011.05.06 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23874/51574266

この記事へのトラックバック一覧です: 椿山荘の四季:

« モッコウバラの花期 | トップページ | 母の日も近く・・・ »