« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.31

テレビっこ

朝のTVのお楽しみは・・・・

7時40分頃から、日本TVでサモエド犬の「zippei」君。

それが終わるとすぐにフジTVに切り替えて「今日のわんこ」

そして8時からNHKの「カーネーション」

いつも連続ドラマは見ていなかったけれど、今回はコシノ三姉妹のお母さん「小篠綾子さん」がモデルとのことで、見てます。コシノヒロコさんのブランド「HIROKO BIZ」好きだし。
古いミシンが、母のミシンに似ていて懐かしい。
母のミシンは足踏みでもほんの少しモデルは新しかったんじゃないかな。


東京バック道場全三回受講完了。
一個目のバック、丸カシメ打ちすれば完成。完成一歩手前。
二個目のバック、ファスナー口の寸法間違えを修正して、金具を付けて完成だから、道半ば。
三個目バック、大ボストンの前面のクレージーパッチができたところだから、一里塚くらいか。完成まで道遠し。

ヒューストン旅行から帰るとすぐにアトリエレッスン日、
横浜キルトウィークと続き、12月の初めに長男の結婚披露宴。

そうこうしているうち、大掃除、クリスマスを迎え、新年。

年が改まって、おとそ気分が抜けるかどうかという頃、
東京国際キルトフェスティバル、通称「東京ドーム」

なんだかイベント目白押しだわ。

その間にコツコツとバックを仕上げていく・・・・つもり。


まず、今日を、今を大切に、足元から固めないとね。
とりあず、旅支度は整えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.27

撮り鉄?

撮り鉄?
京浜急行線の、ドクター車両?

ドクター車両とは呼ばないんだろうけれど。
積み荷は、車両のドアでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.25

外貨両替、あれこれ。

8月の中国旅行の時は、羽田空港で両替。

京急線を降りてすぐの空港入口の両替所、
約2万円で約1400元位。1元=13.78円

出国審査を受けて搭乗を待つ間、免税店を覗いてぶらぶらするのが通例だけれど、その時気づいた。羽田国際空港には、両替所が多い。何軒もある。
そして、より奥にある両替所の方がレートが良かった。
(つまり、損をしたのであった・・・)

中国に入国して、ガイドさんも元の両替をしますとのこと。
1元=13円
そして、旅行中はいつも同じレートで、帰国時あまった元も同レートで両替して下るとのこと。

ホテル内の中国銀行でまた両替、1元=12.80円であった。

元は、すべて使い切って空港ではカード払い。
後で決済されたレートは12.80円前後だった。

で、今回のヒューストン旅行・・・・

円高が少し進んでいるようだけれど、政府の為替介入の気配もあるようなないような・・・。

US$が足りなくなったらカードで支払おうと思っていたけれど、為替介入すると一時的に円が安くなるので、また今日、追加でドルを買って来た。
1US$=79.34円 (銀行の手数料は1US$につき3円込み)。

その前(8月)に替えたレート @79.92円。

昨年の計算書をみたら、@84.26円だった。
1年で約5円違うんだ~。

ちなみに、30ウン年前行った時、@約240円だったような・・・・約16年前、@約120円だった記憶がある。

それなのに、ずっと共通なのは「枕銭、1人分1US$」。
これっていつも疑問。だんだん多くしなくっていいのかな?と・・・。レートの問題っていうより、物価の問題。
物価は少しづつ上昇してるだろうに・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.21

くける時

バインディングの縦まつりするとき使います。

昔のくけ台・・・母が持っていて、本体は木でできていて、布を挟むはさみがついた部分と正座で上に乗って押さえる部分がたためるものでした。
ご存じない方には、説明が悪くて想像もつかないかも。

私の持っているのは、今風の簡易のもの。
でも、縦まつりする時ちょっと引っ張っておけるのでやりやすいです。

黒いクリップ部分は、昔の風のはさむ部分がついていましたが、力が弱く、キルトでは外れやすいので変えました。
Img_3881

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.10.20

展示のお話

10月23日(日)、市ヶ谷のヴォーグ社にてキルトジャパンフェスタが開催されます。

キルトギャラリーのコーナーで、QJ誌に掲載の作品が展示されるとのことで、私のキルトも昨日送りだしました。
会場は12階大ホールみたいです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.10.15

その後・・・

怪我のことで多くの方にご心配いただきました。
ありがとうございます。

先週の金曜日に抜糸が済んで、今週の火曜日からスポーツクラブ通いも再開しました。
怪我して2週間、思い返して今の状況から考えると、最初の1週間はやはり頭や、体調が本調子ではなかったなぁと思えます。
前回の更新で、大丈夫と言ってはいても、実際、「ヒューストンのキルト展では、ホテルの部屋に帰って休憩しなきゃダメかな?」と思ったり・・・・

でも、この数日、すっかり自信も取り戻しました。

抜糸はしても、大きいかさぶたが頭部に・・・・。幸い髪で隠れますが・・・。

これからは、怪我に気をつけなきゃ・・・・。
短い期間の旅行までもそうですが今後もですね。
高齢での怪我は、痴呆や寝たきりにつながりますから・・・・。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011.10.04

うれしいことも・・・・

今日10月4日発売のキルトジャパン11月号に私のキルトが掲載されてます。

前もって、キルトと共に掲載誌も送っていただいたので、一足早めに見られました。Img_3877
今月のキルトギャラリーに載っています。

「Sashiko」を使ったミシンキルトです。

Img_3880_2 (クリック拡大)
刺し子ミシンの針目は、まるで手縫いのように見えます。
何人もの方に、「手でしたの?」「ハンドだよね?」と言われました。

このようにキルトジャパンに載せていただいて本当にうれしいです。

昨日、脳外科を受診。
傷はきれいに乾いているので問題なしと言われました。
頭痛、吐き気、しびれもないのですが、頭を強打しているので、頭の中がすっきりせず、かなり不安を覚えていましたが、危険な時期は超えているとのこと。

11月にアメリカに行く予定なんですが・・・・とお聞きしたら、それも大丈夫と言われましたが、1ヵ月後くらいから、硬膜下出血の可能性は誰にでもあり、それには気をつけないといけないようです。ちょうど、アメリカ行きは1ヵ月後くらいだけれど、気合いで乗り来ちゃおう~。

うれしいことのもうひとつは、
Kライントラベルのスペシャルキルトコンテストで優秀賞を頂き、11月2日からのヒューストンキルト展ツアーにご招待されてます(一名のみ)。まさか、優秀賞を頂けるとは思っていなかったので、うれしいです。
昨年に続いて、また、ヒューストンに。楽しみです~。
それに、前回ご一緒(前回の優秀賞)のMちゃんもお付き合いして一緒に行ってくれるというし、楽しみ倍増です。

以前にライオンの画像を紹介しましたが、それがそのキルトの一部でした。
Img_3281_s

うれしいこともあれば怪我もあり、なんだか、ジェットコースターみたいだな、と思っていました。

頭の怪我は、順調で大丈夫そうです。
ご心配いただいてありがとうございます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.10.02

リハビリ・・・かな

今日は、午前中に革すき。
Nec_0031
革の裏を薄くする作業。これがなかなか力加減が難しい・・・。
力を入れないとすけないし、入れすぎると表の革までざっくり。

なぜリハビリかと言うと・・・・
この前の金曜日午後、我が家の庭先(道路から1.2mくらいの高さ)から駐車場に落下。
頭を打ってしまい流血の惨事。
幸いジナンがいたので、すぐに病院に行き、5針縫いCT撮影。

特に異常がなかったので帰宅。
私も、興奮していたせいかあまりゆっくり眠れなかったが、家人も眠らず経過観察してくれた。

土曜日はほとんど横になっていて、24時経ち、何事もなかったので一安心。

今日は、とりあえずお洗濯して、午前中は革すき。
リハビリ作業としては、難しかったかな?

だって・・・・表革までざっくり切った場所が数か所。
果たして、この後の仕立てでうまくごまかせるんだろうか?
縫い代部分になるかな?

革にも順目逆目のようにすきやすい方向があるし、すきやすい部位、すきにくい部位といろいろあり、革の様子を見ながらの作業。

たまにしか革を扱わない私たちはこの方法だけれど、
プロは、革すき専用の機械をお持ちなんですよね。

すいた革のカスがいっぱい出るので、ウッドデッキで作業。

お隣の金木犀のいい香りをかいで、「あ~、秋だな。」と思いながら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »