« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.28

モッコウバラアーチ

黄モッコウバラは満開に近いが、白モッコウバラはつぼみのまま。
Img_5617

Img_5620
毎年書いているような気がするけれど、モッコウバラの白と黄色は別物で、ただの色違いではないと思う。それでなければ、こんなに花期がずれないだろうに・・・・。

Img_5621
白と黄色がそろってアーチを飾ってくれることはない。

バラの新芽にアブラムシや、バラゾウムシが付いているので、オルトランを散布。
メジロを見かけることもなくなっちゃったし・・・・。残念。
=====

続きを読む "モッコウバラアーチ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.27

窯出し

中学校の地域開放プログラムの陶芸サークル、震災後1年間休止だったが、今年度より再開できることになった。釉薬がけまで済んで、本焼きを待っていた作品が焼き上がった。
私のは6つ焼き上がった。
Img_5615

Img_5616

1年間以上釉薬をかけたままだったのが悪かったのか、釉薬がはぜてしまっているところが目立つ。いずれも同じ釉薬。木灰系の釉薬(下左はじのカップ)は、均一にかかっている。

返す返すも、釉薬が均一になっていないのが残念。

素焼き前の乾燥状態の写真が出ている記事はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.25

黄モッコウバラの開花

昨日の暖かさに誘われたのだろうか、黄モッコウバラの蕾の数輪がほころび始めた。Img_5574

接写~。昨夜の雨のしずくも。
Img_5585_s


Img_5591


Img_5597

花芯にピントを合わせたつもり・・・
Img_5607_s


Img_5613


満開はいつかな?ゴールデンウィーク明けかな?

=========

続きを読む "黄モッコウバラの開花"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.04.20

メジロちゃん

やっと撮れた~。
ここ1週間前くらいから、メジロがモッコウバラのアーチに来ている。でも、来ているのが分かるのは、玄関を出ようとする時。だから、気付いた時は、飛び去る時。

この2日くらい見かけないので、もう来ないのかな?とさみしかった。

今日も、玄関を開けるとメジロがアーチから飛び立った。
「あ~、また来ていたんだ。」と思っていたら、今日は庭のシマトネリコにとまっている。スマホで写真を撮っても飛び立たない。様子を見ているようだ。
ならば・・・・と、家の中に戻り、リビングの窓からカメラで撮影。

何かくわえているのかな?Img_5535_s
(マクロレンズで撮影、トリミング)

上の写真だと目が隠れてしまってた・・・(無念)拡大してみてわかった。Img_5540_s
(EFS18-55mmで撮影、トリミング)

レンズ交換する間があったのだから、2~3分はここにとまって安全確認し、私がカメラを置いて家の中を移動する間に、アーチに戻ったらしい。また玄関を出たら、今度はアーチから完全に飛び去った。

いつもいるモッコウバラアーチ。このようにうっそうとしているけれど、その枝の重なりの中に隙間があって隠れられる。そこに、虫でもいるのかしら?
Img_5545

お隣のおばあちゃんから、以前「椿の枝にメジロが来るけれど、消毒すると来なくなる。」と聞いた。消毒の時期なんだけれどなぁ・・・・。もう少し延ばそうと思う。

ニチニチ草。薄紫なので 華やかさが足らないような感じ。でも、私は、大好き。Img_5555_s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.04.19

リラクゼーション

昨日は、遊楽の里・横須賀へ。
Nec_0201
温泉、岩盤浴と足つぼマッサージを受けて、リラックス。
足つぼでリンパの流れを良くしたせいか、昨夜はグッスリ眠れた。

叔母から送られた筍~。
Nec_0205
昨夜、下ゆでして、今朝は若竹汁でいただいて、今は一部をお煮しめ中。
ご飯にしたり、楽しみは続く・・・

このところ、パッチワークの作業をする気がせずにダラダラ。
今日は、がんばろ~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.12

草取り

お庭もほおっておいたら、雑草が目立つように・・・・
これは、草取りせねばと朝から頑張る。
Img_5525
これのまだ丈が短いものがたくさんある。「オオイヌノフグリ」かしら。
取りこぼし。この後、抜いたけれどね。

そんなに広いお庭ではないけれど、まだ小さい草はとり切れず。とりあえず、大きく目立つものを抜いて、お掃除して3時間。一日(夕方まで)頑張れば、全部取れるでしょうが、そんなにできないよぉ~。

また、近いうち、目立つ草を抜いて行く予定。

手入れが悪いので芝生はまだ枯れ色。
でも、新芽も出ているんだ。
Img_5524

しだれ桃は、白がほとんどで絞りが2枝くらいに数輪。
実家のしだれ桃には、赤、白、絞りとバランスよく咲く。いずれそうなるのかなぁ?

しだれ桃の白の隣に薄ピンクも。写真ではわからないなぁ。Img_5526

しべの中心が黄色いピンク
Img_5528

咲き終わりだからか、しべの中心がグリーンの白Img_5530

ヤマボウシの新芽
Img_5533

テッセン(クレマチス)白のつぼみ
Img_5534
産毛(?)が愛らしい。つぼみはまっすぐ上に伸びる。

春になって、植物の息吹を感じる。これを大切にガーデニング、ほどほどに楽しもう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.04.11

メールフォルダを開く時・・・・

昨日のこと・・・・
ジナンからスマホにメール。

メールの受信箱は、家族それぞれといろいろなカテゴリー別にフォルダに振り分けて自動受信しているので、ジナンの名前のファイルを開くのだけれど・・・・

これを開く時、特に学校へ行っている時間帯の時は「嫌~な予感」というか、「また何かあった?」と他のフォルダを開けるのとは別のビミョーで不安な感情を持つ。
「何だろ?今度は何?」と・・・・半分、開けるのが怖いくらい。ほんとうに・・・。

というのも、ジナンからのメールでいいお知らせなんて一つも来た例(ためし)がない。

「○○を忘れた」とか「ナニナニして~」とか大方、私が大慌てでフォローすることに・・・。

昨日は、「鍵さしっぱかも」

これだけ・・・・

駅まで、原付きバイクで行っているので、「バイクに鍵をさしたままでそれには家の鍵も付いている?」
一大事じゃないか・・・・
過去にチョウナンも2回くらい。ジナンも1回あった。
これでは、洗濯物も干さぬまま、駐輪場に行かないと・・・・と思ったが、

「バイクに?」と返信。

「家のドアに、家の鍵。」

「はぁ?」
あわてて玄関ドアを見たら、刺さってる。
家の鍵にキーホルダー+携帯灰皿のカン+その他ジャラジャラ。

ふぅ~。一安心してメール「あった。」

「良かった~」の返信。

私も良かったよ。あわてて出かけずに済んだ。(バイクと家の鍵は別になってたんだ。)

しかし、玄関ドアに鍵が刺さったまま2時間以上。
オットも出勤したし、私もごみ捨てに外へ出た。気づかなかった。鍵穴が2か所あって、下の位置のとはいえ、なんということだろう。
人間、案外、見ているようで、見ていないんだな・・・と。

ジナンがなぜ、カギを刺したまま出かけたかというと・・・・
まず、7時ちょっと前大学へ出かけた。
その30分後、バタバタと「通学証明書忘れた~。定期券買えない~」と戻り、また、すぐ出かけた。

この時だろう、あわてて帰って来て、またすぐ出かけるから刺しっぱなしにして、2度目に出る時は、鍵のことはすっかり忘れた。

やれやれ・・・・

しかし、今後もジナンのメールフォルダは、何とも言えない「今度は何?」とビミョーな気持ちで開くだろう・・・・・

いつまで続くんだろうか・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.04.09

苺ジャム~

昨日の農園で買ってきたたくさんの苺。

苺ジャム、作っちゃった。
朝、ちょっとそのまま食べて、残りをジャムに。約1キロあったので600gくらいのお砂糖でジャム作り。
Img_5520
ちょっと食べちゃった。甘かった~。もう少しお砂糖を控えても良かったかも。イチゴは大きめ。ちょっと水っぽいかも。いいの、いいの、気にしない。今は、パン焼き器でパン生地コネ中。バターロールを焼いてジャムを付けて食べるのが楽しみ。

農園で、おネギをおまけにいただいた。
Img_5521

今日のお昼は、焼きうどんにした。
ジナンがおつゆのおうどんが嫌いなので、賞味期限の迫ったうどんをどうしようかな~とヨガの時、考えていて思いついた。
「そうだ、焼きうどんだ。おネギをかけよう。」と。

おネギとウインナー共に炒め、お醤油と麺つゆで味付け、ジナンにパンチが足らないと言われたので、焼き肉のたれも加えた。それに刻んだおネギ。おいしかった~。

しだれももが咲いた。まだまだ花数は少ない。Img_5518

しぼりがお気に入り
Img_5515

Img_5513 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.08

苺と桜

今日は暖かく、快晴。たまにはドライブでもしようと、出かけた。

お花見もいいけれど、人ごみは嫌なオット・・・・ならばと「イチゴ狩り」を思いついた。
Img_5429

イチゴ狩りを楽しんだお写真は こちらに・・・・

桜の写真も追加(4・9)
Img_5398
日本平SAの裏あたり

Img_5356_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.07

上野から銀座へ

昨日はお友達と上野の東京都美術館、「キルト日本展.入賞作品展」へ。上野はサクラ満開、人も満開。
Cimg5344_s

Cimg5347_s
写真では、はっきりしないけれど、コデマリのように丸く咲く「コマツオトメの原木」

この後銀座へ。ランチの後は、「フェルメール 光の王国展」へ
場所は、「フェルメール・センター銀座」銀座6-11-1銀座ソトコトロハス館内
フェルメールの全37点のリ・クリエイト作品を年代順に展示。
音声ガイダンスで、いつか本物を見る時のために、まずは描かれた時代背景や絵に描き込まれた意味合いなどをお勉強・・・かな。でも、覚えていられるかな。

とりあえず、手芸にゆかりのある絵を・・・
Cimg5350_s
「レースを編む女」
「牛乳を注ぐ女」は現物が日本で公開された時に見たことがある。
館内はフラッシュは禁止ではあるが、写真撮影は可。

2012年6月30日より、東京都美術館にて「真珠の首飾りの少女」がマウリッツ美術館展として、来日予定。楽しみ。

===
前回の記事「夢コンサート」二回目と書いたけれど、前回行ったのは同じ会社主催の「同窓会コンサート」だった~。同窓会コンサートの方は、江木俊夫さんナビゲーター(司会)の城みちる、柏原よしえさん、あいざきしんやさんなど、もう少し年代が若い昔のアイドルが出演するコンサートだった。両方ともオットの希望だったので、どちらも同じに思ってた私。
だいぶ違っていたわ。

今回は、出演者も観客も人生の大先輩ばかり。確実に私たちは平均年齢を下げていた。爆

松方弘樹さんも小林旭さん島倉千代子さんも70歳を超えて精力的でお元気、さすがだ。オットは、小林旭さんの歌を聞きたかったそうで・・・・。大満足していた。まぁ、それでよし・・・・と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.04

夢コンサート

夢コンサート
今日夕方は、夢コンサートに行く。
この、往年のスターが出演するコンサートは、二度目。前回は一昨年秋だったかな?小川知子さんの歌い方が女優さんオーラに包まれてて、さすがだと感動した。

昨年は、復興支援コンサートととして、あったので、チケットを買ってあったが、ちょうど、ヒューストン行きと重なってしまったので、お姑さんにプレゼントして行ってもらった。後日、とても良かったと、喜んでもらえた。
今回は、明後日のアトリエレッスン準備があるのに、夕方出かけなければならない。ちょっとキツイ。
なにしろ、今回、月初めは風邪ひきでグズグスしていたし、月末は旅行と落ち着いて準備に取り組めてない。
加えて、ちょっとやる気も出なかったりだったし。ある意味、遊んでばかりとも言えそう。(>_<)

これから、ちょっとがんばらなきゃ。

スマホから投稿

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.04.03

暴風への備え

今日は、暴風が予想されている。
まずは、モッコウバラアーチの風対策からと、朝から、ロープで3か所留めた。Img_5340

Img_5342
昨年9月の台風の暴風雨の時を教訓にして。

植木鉢も片づけ、ポリのゴミ入れも飛ばないようにした。

午後からの雨ということで、午後1時までのヨガには行って来た。
帰宅したら、ちょうど雨が降り出した。

今は、風も強いけれど、暴風には至っていない。
今後、6時くらいがピークらしい。各所で大きな被害が出ないよう祈る。

=====

誤変換を見つけたので・・・・訂正
3月28日の麗しの台湾の記事

「日本字と同じように教育」となっていました。意味が通らない~~。

「日本人と同じように教育」が○

お恥ずかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.01

コレクション 裁縫セットもあったし~

Img_5339
台湾まだ引きずってる~。
ホテルの裁縫セットのコレクションのご紹介。
九分の絵ハガキと一緒に。
なんとアメニティと同じく包装されたタイプ。
高雄圓山大飯店のもの、針線包=Sewing Kit

ピンバッジの売っていた、故宮博物院の売店でシンブルはあるかな?と店員さんに聞いてみたけれど、なかった。

お庭はそっちのけだった・・・
いろいろお花も咲き、つぼみも増えてる。

水仙
Img_5323

クリスマスローズ 蕾
Img_5325

開花
Img_5327

しべ 拡大
Img_5337

白モッコウバラの蕾
Img_5319_s

Img_5322


しだれ桃の蕾
Img_5331

続きを読む "コレクション 裁縫セットもあったし~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »