« 四国旅行<その3> | トップページ | 懐かしい顔 »

2012.08.15

四国旅行<その4>

小豆島へは、フェリーで高松港から小豆島:土庄港に。
さっそく観光。まずは寒霞渓へ、バスでロープウエイ乗り場へ。紅葉の名所で、そのシーズンには大渋滞となるそう。バスで上のロープウェイ乗り場で乗って下って見学。
Img_6449_s
瀬戸内海が一望。

ロープウエィの途中は隆起した荒々しい岩肌が迫力満点。
Img_6465_s

到着駅「紅雲亭」のジローちゃん
Img_6469_s
おとなしくっていい子。皆に撫でられるから、毛並みもつやつや。

この後はオリーブ園へ。
オリーブ園の中にある風車。小豆島は日本のエーゲ海とかって・・・・
Img_6478_s
オリーブの木がたくさんあって、海も見えて確かにそんな感じ~。ここでは、オリーブ油をピザ用に買ってみた。

土庄港へ戻り3日目のホテルへ。港のすぐそば。
オリーブ園の帰り道、ガイドさんに「TVで有名な大家族のお父さん経営の接骨院の前を通ります。」と教えられた。あ~、それで「土庄港」って初めて来る所なのに、その地名がなんだか記憶の奥底にあるような気がしたんだ。「島の接骨院だ~~。」

港のすぐそば、二十四の瞳平和の群像
Img_6482_s
小説の舞台になった分校はオリーブ園のそば。子供の時読んだな~~「二十四の瞳」。
私の中では小豆島イコールはこの小説だ。

この夜もホテル泊でのんびり。

翌朝は、高松港へ戻り、徳島空港から羽田に発つ予定。

その前に、高松港近くの「屋島=源平合戦の古戦場」へ。
屋島寺は四国霊場84番札所。寺伝によれば、律宗の開祖である鑑真が天平勝宝6年(754年)に当地を訪れて開創したという。

Img_6527_s
鐘楼。

展望台からの眺め
Img_6512_s

境内の中に、蓑山大明神
Img_6531_s
日本三大タヌキで有名。
ここのお寺は見どころはいっぱいあるけれど、主に風景を見るためでほんのちょっとの滞在。残念。

高松から徳島へ
鳴門大橋
Img_6547_s
渦潮は満潮時の現象なので、この時は渦巻終わりの時間帯だったようで・・・・・

阿波踊りに参加される方々も記念撮影していた。観光記念写真撮影の為に踊りの格好をしてるのかと思っていた。
Img_6557_s
そうではなくて、自分たちの記念撮影で来ていて、観光客のリクエストにこたえて踊りのポーズを決めたりしてたらしい。ゾロソロとおかえりになるところ。

この後、徳島空港から帰路に。無事帰宅。足も悪化せず。めでたしめでたし。

|

« 四国旅行<その3> | トップページ | 懐かしい顔 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23874/55430392

この記事へのトラックバック一覧です: 四国旅行<その4>:

« 四国旅行<その3> | トップページ | 懐かしい顔 »