« 台湾第二日目 | トップページ | 台湾第4日目(最終日) »

2014.11.22

昨日のパーティと台湾第三日目

昨日は竹下通りにあるレストランで小関先生のバースディパーティ。
大勢が出席する先生の「ある年齢記念のパーティ」。アトリエ生徒やキルト関係者、先生のお友達等々。こんな盛大なパーティが開かれるのは、先生のお力とお人柄。素敵なパーティでした。
いつもきれい素敵でキュートな先生。幾久しいご健勝とご活躍を心から祈念しています。
先生がプレゼントされたバラの花束。こんなに豪奢な花束を今後見ることはないだろう。と撮影~~
Bcimg8928
バラの本数を数えると先生のご年齢がわかります・・・・。

お開きの後、お茶して帰り、入浴後お蒲団に入ったのは11時半。旅行以来、夜更かしすることも多く・・・・。
が、遅く寝れば、お目覚めは遅くなり、5時半。この頃、5時45分頃(暗いうちよ)家を出るので、いつも通りウォーキング。私の体調を心配してくださった方も多く、ご心配おかけしました~。元気でやっております。今夜は銀座で早めの忘年会なので、連日の夜更かし。

台湾第3日目
連日の雨予想だったのに、台湾に着いた時に雨だっただけで、2、3日目と晴れか曇り。雨でなく本当にラッキー。

この日は淡水へ。
本来は十分へ行き、天燈上げをしたいところだけれど、十分瀑布が整備中で見学できないので、次回へ持越し。(次回あるかどうかわからないが)

その前に、MRTの一駅分は離れていないところにある、手刺繍を扱うお店に行きたいので、そこまでは歩くことに。

住所と地図を頼りに探して、そのお店は近いらしいが見当たらない。誰かにお聞きしようとしたら、喫茶店の女性店主らしき人が出てきたので、聞いてみると、「そのお店はないわ。」というようなお答え。ちょっと日本語まじりの身振り手振りで、ほとんどお互い勘で話してる。
「何を売っているお店?」
「バッグ。」
「お茶?」
自分の持っているバッグを指してみた。
そしたら、わかったようで・・・一緒に歩き出した。「連れてってくれるんだ。親切だね。」とポーちゃん。

お店は少し歩いて角を曲がって何軒目かだが、閉まっていた。ガイドブックには、7時半オープンとあった。早くて変だなぁとは思っていた。

そしたら、そのビルの管理人さんに何時に開くか聞いてくれた。

8時50分から9時ごろ開くよとのこと。あと30分。待とうということになったので、親切に教えてくれた方は喫茶店なんだからそこで、お茶して待つことに。

台湾の方は本当に親切。

お店は、シルクと手刺繍の商品がいっぱい。センスもいいが値段もいい。結局、刺繍+ビーズの薄いスカーフを購入。
お店女性店主は、日本語ができるので、ガイドブックを見てきたことを話して、その記事を見せてあげた。でも、2年前に来た時に買った本だった。
2年前は確かにオープンは7時半だったんだって。最新号買ってくるべきだったね。

そのお店からMRTの「善導寺」駅に近いのでそこから淡水へ。

淡水は台北からMRTで35分で行かれる河畔の港町。
Bimg_9010
駅から水辺を歩いて、「紅毛城」へ。フェリーや舟乗り場があり、対岸への遊覧乗船もできる。
気持ちの良い散歩道。平日なので人影まばら。
Ccimg8904


なが~~いソフトクリーム
Bimg_9011
これショートサイズ。味は・・・・・乳脂肪分0%だよ。

水辺の散歩道から、山側に進路をとって、紅毛城へ。

Bimg_9021
石造りのステキな建物。熱帯気候の台湾で夏の頃、とても涼しいだろうな。

城塞とてしても使ったらしく大砲!
Bimg_9024

後から置いたんだよね?木靴のオブジェ
Bimg_9027

スペイン人が築き、のちにオランダ、鄭成功、清朝と持ち主が変遷。清時代には、英国領事館だったそうだ。風光明媚な所。

英国領事館のなごり?
Bimg_9029
館内は模様替えのため拝観できず。わぁ、残念!
横浜山手、神戸の異人館のしつらえの雰囲気。見たかった。

駅まで水辺の道ではないところを歩いて戻る。

途中の脇道に市場。夜市ではなく、食材の市場。ものすごい活気。
Bimg_9042

Bimg_9044
野菜は、根菜、葉物野菜など。

両脇のお店に買い物客。その中央部をスクーターがどんどん走る。
Bimg_9046
ボーっとしてたらぶつかるよね~。

果物屋さんも多く、探したけれどマンゴスティンはなかった。

Bimg_9037
お寺。

淡水でのランチは駅前ビルの中。日式のとんかつチェーン店で。うふふ。屋台はダメよ、ダメダメ、なので。
ビールをいただいたポーちゃんはこの次に行く予定の「西門街」はパスしてホテルに戻り休みたいとのこと。
いいですよ~~。私は足つぼマッサージにも行きたいし。待っててもらうのも気が気じゃないので。

と淡水からMRTに乗り、台北駅で別行動に。

私は西門街に向かった。ここは、日本でいうと原宿の様かな?ファッション街ってことだし。
Ccimg8907

西門紅樓

Ccimg8908
日本統治時代、日本人建築家近藤十郎による建物。現在は劇場。

ざっと商店街を見て、MRTで台北駅に帰る。

足裏マッサージは台北駅コスモスホテルそばのビルにある「知足健康中心」へ。60分コースで、癒してもらった。安心だし、ツボで反応したところをあとで図解の紙に記して教えてくれる。次もここにしよ。

ホテルに戻ると、すっかりお休みできたポーちゃんは、夜市に行こうかという。

近くて行きやすいのは、寧夏路夜市かな?とMRTで近くまで行き、歩くことに。
迷って、遠回りしてクタクタ。タクシーに乗ったほうがよかったね。
なんとか、夜市到着。夕飯は屋台ではなく、お店で。
高級ではない鉄板焼き
Ccimg8911
普通の大きさのえびだけれど、おいしかった。それに鮭、鶏と牛肉のコース。
お野菜、お豆腐の焼いたのや、もやし料理など。

日本語のメニューはあるけれど、通じはしない。

料理の味付けを漢字で聞かれて、「辛、中、甘」で、中を「ちゅう」といいながら指差したが、辛かった~~。「ちゅう」って発音は辛いになるのか?もともと「中」は私にとって辛い味付けなのか?「甘」にすればよかったよ。

この日の歩数計の数値は2万5千歩。最近の最高記録だろうね。

なぜかというと、帰りも駅が近そうだと思って歩き出し・・・・
だって、新生三越のビルが見えてるから。
そしたら、MRT(地下鉄)の反対側に出るのに、地下街を遠回りすることになったから。

この日、なぜか一度もタクシーに乗らなかった。

疲れてクタクタの一日。足裏マッサージしてるから頑張れたのかね・・・・

|

« 台湾第二日目 | トップページ | 台湾第4日目(最終日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23874/60693010

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のパーティと台湾第三日目:

« 台湾第二日目 | トップページ | 台湾第4日目(最終日) »