2017.07.18

酒器

7月15日第三土曜日は、陶芸の活動日。
腰が痛いので、電動ろくろは封印し、手びねりで。前回のツリーの残りの仁清で、酒器を。
大きめのぐいのみのリクエストに応えて。
背の高い器は、ビアカップに。
Img_1500121018501_1
縮みを考えて、割り増しの大きさだけれど、どうなるかな?

どのくらいの大きさにしていいものか見当もつかずに玉造りからぐい飲みをイメージして作り始めたが、私は日本酒は頂かないので、どうも勝手がわからない。
で、その場にいらっしゃる陶芸仲間で日本酒をこよなく愛する方に、お聞きしたら、
「それだと大きくない?」
その方は毎日一合嗜まれるので「大きいとすぐなくなっちゃう感じがするわ。」と。

そのやり取りを聞いていた、他のお仲間が
「渡辺さんの考える(大きい)とリクエストした方の思う(大きい)は違うかもね~~。」と。
確かに!そうだと皆で笑った。

で、大きいほうの粘土は200gだったので、今度は150gの土で小さいぐい飲みを作ってみた。

ちなみに、大きさのアドバイス下さった方は、ぐい飲みより、おちょこの方がお好きだそうだ。

う~~ん、酒器って一言で言っても色々あって難しいね~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.24

焼き上がりと作った物

先日の陶芸活動日に焼き上がったニットボール
Simg_9996
信楽赤土に絵付け、透明釉

Img_9997
信楽赤土に透明釉

Img_20170622_103943_104
信楽並土に透明釉

ツリー型のオブジェ(中にろうそくを入れる)

Ssdsc_0679_1
仁清(半磁器土) 約高さ27cm
型紙によりたたら作り

同じものをもう一つ
Simg_9998_3
こちらは信楽並土
同じ型紙なので高さは約27cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

焼き上がり

先日の日曜日(通常は第三土曜日)は、陶芸の活動日でした。
素焼きした作品のほぼ半数を本焼き。


湯呑と抹茶々碗
T1
信楽赤土に 釉薬は白萩

小ぶりなどんぶり
T2
信楽赤土に 釉薬は白萩

ニットボール(のつもり)
T4
毛糸玉が転がらないように入れておく容器=ニットボール

購入した毛糸は、中から糸が出てくるので、転がらないから、本来は必要ないと思うけれど、焼いてみた。
思ったより、小さくなっちゃた。
信楽赤土に 釉薬は白萩

ニットボール
T5
信楽並土に乳白釉薬
これは浅め~

ニットボール
T6
信楽並土に乳白釉薬
これは深めで径が小さめ。

ガーデニングは、初夏用の寄せ植えをした。
手とお金はかけない主義。

買った状態
_20170514_125316


植え付け~
_20170514_125346


なんとか、いろいろやっています。
座骨神経痛も徐々に良くなってきてます。

スイミングのお仲間の、新横浜の国際プールへ行って泳ぐ練習会(6月)に誘われました。
この前のスイムフェスティバルは、長水路を横に使って、25mを泳いだので、今回長水路は初体験。泳いでみたかったので、お誘いを受けて、うれしかった~。
初心者なので、ちょっとドキドキだけれど、楽しみ。

コーチのプライベートレッスンも月1回の割合で受けていて、クイックターンは完成度は低いものの、できるので、個人メドレーのバタフライから背泳ぎのターン、平泳ぎからクロールのターンも習った。背泳ぎから平泳ぎのターンは次回の課題。

軸足はスイミングに完全に乗っている。

コーチは次のフェスティバルには1個メ(100m個人メドレー)に出ましょうとおっしゃる。
それは無理!
もう少し修行を積んでスピードも体得しないと・・・・
まだまだ、泳ぐのが遅いから・・・・

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.04.26

本焼き

先日の16日が、陶芸の活動日。本焼きの窯焚き。

皆さんの作品の数の様子を見て、私は素焼き11作品の内、7点を本焼きに入れた。
_20170416_193840

すべて白萩釉をかけてみた。
焼き上がりとのご対面は、5月の活動日。

22日金曜日には草取り。その翌日の土曜日には母に誘われ、蕗採りに。
座骨神経痛なので、やはり、体にこたえた。

モッコウバラが満開を迎えたので、次回はお花の写真を載せましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.25

陶芸

先週の陶芸活動日に作陶した作品の高台を削り出した。今回は粘土軟らかすぎたのが、高さを引き上げていく内に芯がぶれてしまい、没にしたものが多く、三点しかひけなかった。
相も変わらずこれ。
1482654900432.jpg

前回の反省点を考慮し、切り込みの幅を太くした。釉薬を掛けた時に、溝が塞がる恐れを感じたからだ。

果たしてどうなるのか、素焼き、釉薬掛けて本焼して結果が出る。

気の長い話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

先月の陶芸

もう12月になっているというのに・・・

先月の陶芸作品。
_20161205_085457

信楽赤土で。今は乾燥中

今月の陶芸は今週の土曜日。同じようなものを作陶する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.09

焼き上がり

7月の活動日に、本焼きした作品が焼き上がりました。
本来なら、8月は活動がお休みなので、作品とのご対面は9月のはずですが、夏休みに入った中学校の美術部の部活動の時に、特別に窯出しさせていただきました。

カップ
Asimg_9784
信楽並土に、中は黄瀬戸、外に白萩。
サイズ直径10.5cm高さ6cm

カップその2
Asimg_9783
信楽並土、点々と織部で模様、長石透明
サイズ直径10cm 高さ7cm

蓋物その1
Asimg_9786
信楽並土に白萩
サイズ直径10cm 高さ11cm
ラッキョウ入れにするつもり。

蓋物その2
Asimg_9787
信楽並土に黄瀬戸
サイズ直径8cm 高さ6.5cm
黄瀬戸の釉薬の濃度が濃すぎた。掛けた時にそう思ったが、その通りだった。

蓋物2つとも、蓋の作りが甘い。もっときっちり仕上げてもよかった。
反省点を踏まえて、又チャレンジすべきかも。

どんぶり鉢、小
Asmg_9785
ピンぼけ写真?
信楽赤土に透明長石
サイズ直径13.5cm 高さ8cm

どんぶり 中
Asimg_9789
信楽赤土に白萩
サイズ17cm 高さ8cm
色の感じが、一番気に入ったもの。

どんぶり大
Asimg_9790
信楽並に透明長石
サイズ19cm 高さ7cm
口が広くどんぶりというか、鉢かな?

とりあえず、まぁ、まぁの焼き上がり。この次はもう少し蓋物の細工は丁寧にしよう。

このところ、ブログ更新サボり気味。水泳に出かけて、縫い物作品がないこともあるが、一番の原因は、約3か月前にスマホを買い替えたついでに、タブレットも買ったことがある。
何しろ、タブレットで用が足りることが多いのでパソコンを点けなくなった。

なので、他の方のブログを読むことも極端に減っている。

ブログ更新はタブレットからのココログでできるけれど、写真の大きさなどに制約もあり、ついつい億劫になっている。

それに加えて、先月の23日からポケモンGOも迷った末に初めてしまった。

朝ウォーキングの時に、スマホ持参で、前より時間がかかってしまっている。

でも、歩きスマホはしてませんよ。
ポケモンが出てきた時はバイブでわかるので、その時にちゃんと止まってから、ゲット作業してますから。

スイミングに行く時は、自転車でポケスポット巡りを兼ねて楽しんでいるけれど、ながら運転はしてませんよ。それはあまりに危すぎますから。

スイミングも、レッスンを受けた後、自主練してるのでプールにいる時間が長い。

そんなこんなで、1日はあっという間に終わってしまう。

パッチワークも思うようにできない毎日。でも楽しい毎日。いつまで続くかわからないけれど・・・・。やれるうちは、スイミング頑張る~~。

以上、近況でした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.06.25

作陶

今日は、8時頃に雨もあがったので、先週の土曜日の陶芸活動日に、電動轆轤で引いた作品の高台を削り出した。
1466825904756.jpg
湯のみ、抹茶茶碗風鉢、歪みがポイントの洋風鉢の三点。

今日は、午後から、目黒の百段階段他、作品展を見にお出かけ。夜の女子会つき。

朝、大急ぎで、お掃除してからの、陶芸。

充実した一日なりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.04

作陶、削り出し

先月の活動日に作陶して、ビニール袋に入れて乾燥を防いでいたものたち。
1465002963218.jpg

後回しにしていたが、やっと今朝、削り出し作業。
作業開始は、六時半。蓋物なので、たっぷり3時間かかった。
1465002963596.jpg

やれやれ。一安心。来月の活動日には、素焼きに回せる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.30

どんぶり

先日の陶芸、どんぶりを作陶。 形は、口の広がった物。_20160430_103118

もうひつも
_20160430_105346

こちらは、広がりの少ないもの
_20160430_105510

3つとも家に持ち帰り、底を削り出した。


六月には素焼きの窯をたく予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧